持ち帰り謎 花鳥風月2019-04-13T13:40:53+00:00

本ページは持ち帰り謎 花鳥風月 のページとなります。

あらすじが長いかもしれませんが、
お楽しみいただくためにお読みください。

——————————-

この辺りは昔「ニホン」という一つの国だった。
しかし、文化の違いから仲違いしてしまい
2つの国に分裂してしまった。

洋のサンブックランド。
和の日丸共和国。
実は去年2つの国は停戦協定を結んだばかりだ。
まだそんな頃の二人の少女の話である。

——————————-

「ここは、ふしぎなばしょね・・・」
パパにつれられて初めて日丸共和国に来ましたが、
おさんぽしていたら分からないばしょに来ちゃいました。

「どうしましょう・・・」
まえを見てみると、ひとりの女の子がいました。
どうやらなにかをかんがえこんでいるようです。

日丸共和国の子かしら・・・?
話しかけても大丈夫なのかしら・・・
でも、このままじゃ・・・

私はゆうきを持ってはなしかけることにしました。
「あの・・・・」

はなしかけると女の子はとてもおどろきましたが、
わたしがまいごになったことが分かると、
道をおしえてくれました。

「ありがとうございますっ!!!」
わたしがそういうと、少し女の子は顔を赤らめて
「どういたしまして」と言いました。

「あ、そういえば・・!」
わたしは思いだしました。
この女の子はなにかを考えていました。
きっとこまっているにちがいないです!

わたしは話をきくことにしました。
その女の子のはなしをまとめると、

・このあたりはむかしは花がたくさん咲いていた。
・この「花咲(はなさき)の石板」に正しくかけらをはめると、ふたたびたくさんの花がさく。
・その当てはめるかけらを見つけるためには、謎を解いて合言葉をとなえるひつようがある。

ということだって。
おもしろそう・・・!
わたしもたくさんの花が見てみたい!

しかもこんなかわいらしい子・・
ぜひおともだちになりたい・・・

「わたしも手伝うわ!」
「え、よいのですか・・・?」
「ひとりよりふたりの方がよいでしょう!」
「・・ありがとうございます」
「あ、そういえば、あなたのお名前は?」
「わたしはかおりといいます」
「かおり、ね。わかったわ、わたしはフローラ」
「フローラさん・・。どうぞよろしくお願いします」

わたしたちは、まずは???の場所をめぐって
なぞをといていくことになった。

——————————-

合言葉が分かったら、
下のローマ字変換表を使い、
ローマ字で入力してください。

*ローマ字は訓令式です。
*単語の間に「う」が入る場合は「u」を省略しません。
例)ぼうし→○bousi ×bosi たまごっち→○tamagotti ×tamagocchi

解答入力はこちら

ヒントページはこちら